つどいの広場「ばぶハウス」に 行ってきました

つどいの広場「ばぶハウス」に
行ってきました

公開日:2018/01/11

作成者:じぃ

 

つどいの広場「ばぶハウス」ってこんなところ

18447483_291132434671188_7709396872005465081_nつどいの広場「ばぶハウス」は、獨協大学前駅から東にまっすぐ進み、産業道路に突き当たった場所にあります。設置・運営は『NPO法人 子ども広場 草加おやこ劇場』で、開催日・時間は火曜日から土曜日の10時から16時までですが、このほか、10か月までの第1子に限定した「赤ちゃんの部屋」(第2・3・4月曜日の13時30分から16時まで)も開いています。18519714_1252848858168013_4781349085392417899_n

飲食店だったところを改装した30帖ほどのフローリングで、のびのびと過ごすことができます。1日の利用は7組~10組で、イベントのある日などは、多いときで20組以上になるそうです。

利用料は1日300円(2人目200円)で、月利用のフリーパスもあります(1人目1200円、2人目600円)

 

利用者に聞きました

どんな人がどのように利用しているか

18485843_1252849908167908_1729875843222624917_n利用は場所柄、青柳、弁天、中根など、市北東部からの人が徒歩や自転車で来ているようです。
きっかけは、ネットで調べたり市の広報、友人からの情報で知ったという人のほか、産業道路沿いにあることから、普段から見かけて気になって…という人も多く、立地の良さがあらわれています。
18485914_291132598004505_6379652519588193514_n
利用の度合いとしては、フリーパスを利用して毎日利用している人から週1回程度、たくさんあるイベントを選んで利用する人など、様々なようです。

 

 

「ばぶハウス」の魅力

18519515_1252849354834630_8873877998728736473_nスタッフがやさしい = 気楽に何気なく話しかけてくれる。子どもに対してもいつも気にかけてくれ、ママ同士が交流しやすいし、子育ての先輩であるスタッフにいろいろとアドバイスをもらえる。

適度な規模がうれしい = スペースがちょうどいい 子どもを見失わない適度な広さで小さい子どもも安心して遊ばせることができる。

おもちゃがたくさん = おままごとや楽器、18519908_1252849008167998_460536509116838632_n18527594_1252849138167985_3821893304816216227_nキッチンセット、木の電車などたくさんのおもちゃがあり、手作りおもちゃもたくさん。

いろいろなイベントがある = 表現あそびやベビーマッサージ、絵本とわらべうた、おもちゃづくりなど、いろいろなイベントが楽しい。すぐ近くの篠葉公園を利用して、ミニ運動会やヤキイモ大会などを行ったり、みんなでお神輿を作って公園まで練り歩いたりと、季節に合ったイベントやたくさんのスポットイベントがあり、それ目当てに来場する人がいるほど。

18485570_1252848874834678_868078724924839221_nいろいろな相談ができる = 子育て相談や赤ちゃんアドバイスなど、専門家に相談できる日があるほか、日ごろからスタッフさんからもらえるアドバイスがうれしい。

18557445_1252849628167936_904753050392446755_nママ向けのイベントもたくさん! = 子どもからひと時手を離してお茶をしながらママ同士が交流できる『ママトーク』や『ベビーダンス』『赤ちゃんアドバイス』など、ママ向けの講座やイベントが盛りだくさん。

 

 

 

スタッフに聞きました

ばぶハウスは『NPO法人 子ども広場 草加おやこ劇場」が獨協大学前駅東口の事務所で同様の事業を行っているときからの人たちで、活動を広げるためにこの場所で新たな事業を始めたそうです。
携わっているスタッフはおやこ劇場でともに子育てをしているお母さんたちで、12人がシフトを組んで、1日あたり3~4人が広場の管理運営にあたっています。そのうち2人はいつも広場にいるそうです。

おススメを聞いてみました

main〇もともと子どもに関するたくさんの事業を展開している団体なので、そのノウハウや人材をイベントや運営に活用し、楽しい場所になっている。また、外部講師を招いての講習会など、盛りだくさんのイベント(ベビーマッサージや子育て相談会など)がある。

18555917_291132461337852_6155383187817566949_n〇子どもからひと時手を離しての、お母さん同士の交流『ママトーク』を月1回開催している。
利用者同士の交流、助け合いを勧めている。

〇10か月くらいまでの初めての赤ちゃんを対象とした「赤ちゃんの部屋」(毎月第2、第3、第4月曜日)は、新米ママにとても喜ばれている。

〇居心地のいい広さの場所なので、お家の延長線上にあると感じてもらえる。

18527630_291132424671189_4870753683003868691_n18485976_1252849064834659_7283361713354288497_n〇手作りの牛乳ハウスやおままごとなど、おもちゃがたくさんある。

〇ミルクのお湯、冷蔵庫が完備しているのでお昼ごはんに便利。時間外でもキッチンで食事をとらせることができる。

 

〇スタッフから一言

ばぶハウスは、子どもの文化を大切にし豊かに育ち合う人のつながりを作っていくことを目指し、様々な事業を行っている『草加おやこ劇場』の事業を拡げるかたちで「つどいの広場」にしました。
子どもと家族が集えるもう一つの『おうち』でありたいと考えています。子どもたちの感性を豊かにする企画がたくさんあり、そしてお母さんたちの交流も大切にしています。いつでも気楽に来てください。
ばぶハウスをきっかけに、『草加おやこ劇場』に入会し、様々なイベントに参加している人もいますし、会員になると、ばぶハウスを無料で利用できます!(草加おやこ劇場HP)

 

行ってきた感想

●我が家から比較的近いエリアということもあり、大通り沿いにあるばぶハウスさんは”行ったことはないけれどずっと気になっている施設”でした。
おやこ劇場の事業の発展形としてできた広場ということで、他の広場ではなかなか実現しないようなイベントの企画力・人脈はさすがだなぁと感心したのですが、その一方でお知らせボードやたくさんの手作りおもちゃなど「まずは足を運んでくれる親子のために…」という細やかであたたかな思いも感じられ、とても魅力的な広場だと思いました。
私のように”ここはどうなんだろう…?”と思ってらっしゃる方は、ぜひ一度覗いてみてくださいね♪一日利用料の300円は、決して高く感じないと思いますよ^^
(*あき*)

●ばあば目線での感想です。 まず、有料の施設があるというのに驚きでした。 私の子育て中にはなかったもの。ぼっくるん隊での活動をしていなければ街を歩いていても「なんだろう」と思いながら通り過ぎていたでしょう。こじんまりとしたお部屋の中も工夫がなされ、スタッフさんも利用者さんもアットホームな雰囲気。 いろいろとイベントを開催されているようで興味をそそられます。利用しているお母さん達に「少額ですが有料ということに抵抗はないですか?」と質問しました。みなさん「抵抗ないですよ」と笑顔でお答えいただきました。 私の子育て中にこんな施設があったなら相談にのってもらったり、新しい刺激で子ども達との遊びも広がったのではないかとふと思いました。 公共の施設も有料の施設もお母さんの味方ですね。 (ひかぴょん)

●「つどいの広場」のシリーズもとうとうラスト! 利用料の有無や運営主体の違いなどにより、それぞれ特色ある施設でしたが、最後にお邪魔した「ばぶハウス」の運営は以前から子ども関係の事業をしている団体だけあって様々なノウハウを生かして楽しい場所づくりをされているなと思いました。 お祭りの時期にはお神輿を作り、近所の公園まで練り歩くなんて、お話を聞いただけで楽しそうで笑っちゃいました。 また、つどいの広場というと、子どもとお母さんが一緒になって…という固定観念が強かったのですが、ここでは子どもとひと時離れてお母さん同士がお茶を飲みながら交流する「ママトーク」なるものがあり、子育てからひと時も開放されないお母さんの気持ちに寄り添ったものだと好感を持ちました。 ちょっと駅からは離れていますが、覗いてみる価値はあると思いますよ♪ (じぃ)

 

■■■「ばぶハウス」の詳しい情報■■■

所 在 地 草加市弁天6-5-16 タミヤビル1F(子育てマップ
開催日等 火~土曜日 午前10時~午後4時(休日:日祝・年末年始)
赤ちゃんの部屋(10か月までの第1子)第2・第3・第4月曜日 午後1時半~午後4時
問合せ先 048-932-7334

 

 

取材日:2017/5/17
取材・作成者:*あき*、ひかぴょん、じぃ