放射線関連

更新日:2017/07/13

草加市では、市民の健康と安全に配慮し、放射線対策の計画的な取組みを進めるために「放射線対策基本方針」を定めています。

これらの方針に基づき、一部の公園やグランド、保育園・幼稚園・小中学校などの園庭や校庭の大気中放射線量測定、水道水や給食食材中の放射性物質検査などを実施し、結果を公表しています。
過度の心配をする必要はありません。

安心して子育てができる環境であることを確認するための情報として、参考にしてください。
なお、大気中の放射線量と水道水中の放射性物質の測定結果については、草加市あんしんメールでもお知らせしています。

防犯・災害情報を草加市あんしんメールで配信しています

 

放射線量の測定

(下線をクリックすると、草加市公式ホームページの測定結果のページへ移動します。)

 

 

  • 保育園などの放射線量の測定
  • 年に1回、認可保育園・あおば学園・児童館・児童センター・冒険あそび場の各園庭と砂場で、簡易測定器による大気中の放射線量の測定を実施しています。

 

  • 私立幼稚園の放射線量の測定
  • 6か月に1回、埼玉県草加市私立幼稚園協会加盟公認幼稚園の各園庭と砂場で、簡易測定器による大気中の放射線量の測定を実施しています。

 

 

  • 水道水の放射性物質測定
  • 3か月に1回、全ての浄配水場で検査を実施しています。草加市の水道水は、85%が埼玉県(庄和浄水場と新三郷浄水場)からの水、15%が草加の地下水(深井戸水)となっています。

 

  • 給食食材の放射性物質検査
  • 認可保育園・小中学校・あおば学園を対象に、各施設につき1~2か月に1回程度、子どもたちに提供した給食食材中の放射性物質検査を実施しています。給食1食をまるごと翌日に検査します。

 

 参考サイト 
草加市では、学校給食用食材(野菜・肉類等)の原産地等を公表しています。
食材の産地について

消費者庁では、食品等の安全と放射性物質に関して疑問や不安に思うことを、Q&Aによって分かりやすく説明した、「食品と放射能Q&A」を作成しています。食の安全・安心の確保と、風評被害防止に役立ててください。
食品と放射能Q&A(消費者庁ホームページ)

「しりたい」一覧ページに戻る

 ママ・パパになるための準備     子どものいる家庭への支援     子どもの健康          保育所等

 プレ幼稚園・幼稚園                 学校               子ども・子育てに関する手続き先一覧

ママ・パパになるための準備

子どものいる家庭への支援

子どもの健康

保育所等

プレ幼稚園・幼稚園

学校

子ども・子育てに関する手続き先一覧

子育てコンパス

知りたいページ一覧に戻る