麻しん(はしか)の患者が発生しています

更新日:2018/05/09

平成30年4月に沖縄県をはじめ、国内各地で麻しん患者が発生しています。
草加市でもタイからの旅行者が市内の医療機関を受診し、麻しんと診断されました。
海外でも麻しんが流行している国・地域があります。
旅行等から帰った後に麻しんを疑う症状が現れた場合には、次の点に注意して速やかに医療機関を受診してください。

 

麻しん(はしか)は感染力が非常に強く、予防接種が唯一の予防策となります。
ワクチン(MRワクチン、麻しんワクチン)を受けているかどうか、母子健康手帳で御確認ください。
一度感染した人や2回の予防接種を受けた方は安心です。

麻しんを疑う症状が現れた方へ

  • 麻しん(はしか)の患者と接触した後、熱、せき、のどの痛み、目が赤くなる、発疹等の症状があった場合、受診をする前に直ちに保健所に電話で連絡してください。
    受診の際は、保健所の指示に従い、マスクを着用の上、医療機関を受診してください。
    移動の際には、周囲の方に感染しないよう公共交通機関等の利用を避けてください。

麻しん(はしか)とは?

  • 麻しんウイルスによって引き起こされる病気で、空気感染、飛沫感染、接触感染、人から人にうつります。
    感染すると、10日から12日の潜伏期間(症状のない期間)を経て、38℃程度の発熱、風邪のような症状(咳や鼻水)が現れ、2~4日間続きます。口の中に小さな(約1mm)白い発疹ができます。その後、39℃以上の高熱となり、体中に赤い発疹が出現します。
    有効な予防方法は、ワクチン接種です。2回接種による免疫獲得率は97%~99%以上と報告されており、発症リスクを最小限に抑えることが期待できます。

予防接種に関する問い合わせ
草加市保健センター
048-922-0200

麻しんの感染に関する問い合わせ
埼玉県草加保健所
電話:048-925-1551

関連リンク