重度心身障害者医療費の支給条件に所得制限が追加されます

更新日:2018/12/03

平成31年1月1日以降の新規申請の人から所得制限が追加され、自治体発行の所得証明書の添付が必要になる場合があります。
障害者要件等を満たしていても下表の基準額を超える所得がある人は資格登録はできますが、医療費は支給されません。
ただし、翌年度以降に所得が基準額以下のなった場合は、その年度の10月1日以降にかかった医療費から支給されます。
なお、平成30年12月31日までの受給資格登録者への所得制限が適用されるのは、平成34年10月1日からとなります。

所得制限限度額の一例(平成30年度)

扶養親族等の人数 本人所得の基準額
なし 360万4000円
1人 398万4000円
2人 436万4000円
3人 474万4000円
4人 512万4000円
5人~ 1人につき38万円加算

※所得:諸控除後の額

関連サイト

重度心身障害者医療費の支給

問い合わせ
草加市 後期高齢者・重心医療室
月~金曜日 午前8時30分~午後5時(祝日・年末年始を除く)
電話:048-922-1035
FAX:048-922-3178