放課後子ども教室Q&A

更新日:2017/08/14

 

Q1:放課後子ども教室で子どもがけがをした場合はどうなりますか。

A1:放課後子ども教室の参加中に怪我をした場合には応急処置のみ行います。
また、怪我の治療が医療機関にて必要な場合や、参加中に急に体調が悪くなった場合には、直接保護者に連絡しますので、迎えをお願いします。
なお、万一の怪我や賠償に備えて、保険の加入をお願いしています。
登録時に保険料500円を添えて申し込むと、子ども育成課で一括して加入手続きをします。
保険の詳しい内容につきましては、子ども育成課(電話:048-922-1064)までお問い合わせください。

Q2:放課後子ども教室を休む場合はどうしたらいいですか。

A2:放課後子ども教室を休む場合、特に連絡はいりません。
放課後子ども教室は児童を預かる場ではありませんので、当日の参加は、各家庭で相談して決めてください。 また、途中で帰宅してもかまいませんが、帰り道の安全は各家庭で配慮してください。

Q3:雨天や、インフルエンザ等で学級閉鎖になった時でも放課後子ども教室は開催しますか。

A3:雨天でも開催します。ただし、開催場所が変更または限定されます。
コーディネーターや児童サポーターの指示に従ってください。
インフルエンザや台風、地震等の天災により、児童の安全が損なわれる状況が発生したときには、学校と連携し、教室を中止することがあります。また、一斉下校の時は中止とします。
その場合、各家庭に連絡はしませんので、急な帰宅に備えてください。

Q4:放課後子ども教室にボランティアとして参加したいのですが、どうすればいいですか。

A4:児童サポーターとしての登録をお願いしています。
まずは、子ども育成課 子ども教室係(電話:048-922-1064)まで連絡ください。

 

「行きたい」一覧ページに戻る

 公園・広場          交流・遊び場         学習・趣味・スポーツ     講習・講座

 図書館・書店         お店情報                   市外近隣の情報

公園・広場

交流・遊び場

学習・趣味・スポーツ

講習・講座

図書館・書店

お店情報

市外近隣の情報

子育てコンパス

関連記事はありません。

行きたいページ一覧に戻る