新生児聴覚スクリーニング検査の費用助成を開始します

更新日:2021/03/31

令和3年4月1日以降に新生児聴覚スクリーニング検査を受けた方に対して、検査費用の一部を助成します。

【新生児聴覚スクリーニング検査とは】
新生児聴覚スクリーニング検査とは、生まれてまもない赤ちゃんを対象に行う耳のきこえの検査です。赤ちゃんが眠っている間に、音を聞かせてその反応を記録する方法で行います。短時間で安全に行える検査で、赤ちゃんは何の痛みも感じません。検査は出産後、産科医療機関の入院中などに行われることが多いです。

助成対象者

検査実施日に市に住民票があり、令和3年4月1日以降に検査を受けた新生児

検査時期と回数

原則、生後1か月以内に1回(初回検査のみ)

注:未熟児で生まれた場合や、検査を実施していない医療機関で出産した場合など、生後1か月までに検査を受けることができなかった場合、医師の判断により生後6か月まで助成が可能です。

検査の種類・助成額

  • 自動ABR検査(自動聴性脳幹反応検査) : 上限5,000円
  • OAE検査(耳音響放射検査) : 上限3,000円

注:検査の種類や検査費用は医療機関により異なります。上限を超え分は自己負担となります。

助成券の交付

・3月17日から母子健康手帳と一緒に交付しています。
・3月16日以前に母子健康手帳の交付を受け、4月1日以降の出産予定の人には個別に送付しています。
※4月1日以降に検査を受け、助成券が届いていない人は、健康づくり課へ

償還払い制度

里帰り出産などで草加市の助成券が使用できず、検査費用を自己負担した人は、申請により償還払いを受けることができます。

※助成額・助成券の交付・助成の受け方などの詳細については、以下のリンク先で確認して下さい。

新生児聴覚スクリーニング検査費用助成

問い合わせ
健康づくり課(保健センター)
住所:〒340-0016 草加市中央1丁目5番22号
電話番号:048-922-0200 ファクス番号:048-922-1516