受診するべきか迷ったら

子どもの症状を見るポイント

子どもの様子をみて「おかしいな?」と感じたら、イラストのようなポイントを確認してみましょう。

syojo-point
ためらわずに救急車を呼んでほしい症状:小児(15歳未満)(救急車の適正利用)

おすすめダウンロード

子どもの症状を見るポイント(子どもの病気)(PDFファイル)

子どもの救急(#8000)

夜間・休日に子どもの具合が急に悪くなったとき(発熱・下痢・嘔吐など)や、病院に連れて行くべきか迷ったときには、埼玉県小児救急電話相談が利用できます。
小児科勤務経験のある看護師が、家庭での応急処置のアドバイスや受診の必要性について相談に応じます。

電話番号 #8000
(ダイヤル回線、IP電話を利用している人は、電話番号:048-833-7911

■相談時間

月~土曜日       午後7時~翌朝7時
日曜日・祝日・年末年始 午前7時~翌朝7時

注意
•この相談は助言を行うものであり、診断や治療を行うものではありません。
•大人の病気などに関する相談は下記の大人の救急(#7000)へ。
•医療機関の紹介窓口ではありません。

ページ先頭へ

ONLINEQQ 子どもの救急(#8000インターネット版)

対象年齢:生後1か月~6歳
社団法人 日本小児科学会 が運営しているサイト です。
当てはまる項目をチェックすると受診すべきかどうか診断されます。
ban_top_e2

ページ先頭へ

大人の救急(#7000)

夜間の急な病気やけがに関して看護師の相談員がアドバイスしますので、医療機関を受診するべきか迷ったときは、お気軽にお電話ください。
この電話相談は医療行為ではなく、電話でのアドバイスにより、相談者の判断の参考とさせていただくものです。

■電話番号 #7000 (プッシュ回線、ひかり電話等をご利用の人)
      048-824-4199(ダイヤル回線、IP電話を利用している人)

■相談時間  毎日:午後6時30分~10時30分

■利用方法
(1)上記の電話番号に電話をしてください。
大人の救急電話相談を実施している救急医療情報センターに電話がつながります。
(2)音声ガイダンスが流れますのでボタン1を押してください。
「大人の救急電話相談」につながりますので相談員にご相談ください。

※相談ではなく、受診可能な医療機関の案内を希望される場合はボタン2を押してください。
 救急医療機関案内(休日・夜間などに受診可能な医療機関の案内)につながります。

関連サイト

埼玉県大人の救急電話相談

ページ先頭へ

子どもの救急ミニガイドブック

qqminiguide-p3kodomo-qq-mini-guide休日や夜間に診療所や病院がお休みのとき、子どもの具合が悪いとき「すぐに救急医療機関に行くべきか?少し様子をみてもいいか?」を判断するときの目安に使ってください。
※このガイドブックの内容は、あくまでもひとつの目安であることを理解したうえでご利用ください。
対象年齢:生後1か月から6歳くらいまでの子ども
以下の関連サイトから、全ページPDFで見ることができます。

関連サイト

子どもの救急ミニガイドブック

ページ先頭へ

救急車の適正利用

ためらわずに救急車を呼んでほしい症状:小児(15歳未満)

こんな症状が見られたら、ためらわずに119番に連絡してください!
重大な病気やケガの可能性があります。

qq-syojo-ue

qq-syojo-sita

応急手当をしている人以外にも人手がある場合は、救急車の来そうな場所まで案内に出ると、救急車の到着が早くなります。

救急車を呼んだ時に用意しておくと便利なもの

qq-benri

救急車が来たら伝えること

メモ用紙などにまとめておきましょう

・事故や具合が悪くなった状況
・救急隊が到着するまでの変化
・行った応急手当の内容
・具合の悪い方の情報
(持病、かかりつけの病院やクリニック、普段飲んでいる薬、医師の指示等)

持病、かかりつけの病院やクリニックなどを、日頃からメモにまとめておくと便利です。

救急車は本当に必要ですか?

byoin症状に緊急性がなくても、「交通手段がない」「どこの病院に行けばよいかわからない」「便利だから」「困っているから」と救急車を呼ぶ人がいます。
また「平日休めない」や「日中は用事がある」や「明日は仕事」などの理由で、救急外来を、夜間や休日に受診する人もいます。

救急車や救急医療は限りある資源です。
いざというときの皆さん自身の安心のために、救急医療の受診について考えてみませんか。

・蚊に刺されてかゆい
・海水浴に行って、日焼けした足がヒリヒリする
・紙で指先を切った。血は止まっているが・・・
・病院でもらった薬がなくなった
・今日入院予定日だから、病院に行きたい
・ヘルパーを呼んだが来てくれなかったので、代わりに救急車を呼んだ
・病院で長く待つのが面倒なので、救急車を呼んだ

こうしたケースで救急車が呼ばれました ~本当に必要か考えてみましょう~

日中から具合が悪そうならば、日中のうちに受診するようにしましょう。
また、かかりつけ医を決めておくことも大事です。

参考サイト

総務省消防庁 救急車利用マニュアル A guide for ambulance services

おすすめダウンロード

夜間休日の子どもの救急

関連ページ

知りたい>子どもの健康・病気・事故・草加市内の小児科
子育てコンパス・子育て家庭全般・救急車を呼ぶ時
子育てコンパス・子育て家庭全般・診療に関わる費用など

ページ先頭へ

子どもの病気・ケガの時は  一覧ページに戻る