子育てコンパス

  • 子育て家庭全般
  • プレママ プレパパ
  • ママ・パパ
  • 乳児
  • 幼児
  • 小学生
  • 中学生以上
  • 発達が気になる子
  • ひとり親家庭
  • じぃじ ばぁば
  • 外国籍家族
  • 転入・転出・転居

パパへのスキルアップ

更新日:2018/09/28

赤ちゃんが家にいる生活

小さくて柔らかくてかわいい赤ちゃん。
家にいるだけで、なごやかな雰囲気になります。

今までと違うこと

akachan_cry生活の中心が赤ちゃんになります。
新生児の生活リズムは、大人の生活リズムと全く違います。
個人差はありますが、2~3時間おきに目を覚まして母乳やミルクを飲んだり、おむつは7~8回ぐらい交換します。
ママは、泣いた、おしっこだ、うんちだ、おっぱいだ、と赤ちゃんのお世話で大変です。

今まで、パパがしなくてよかったことも、していかなければならなくなることもあるでしょう。
赤ちゃんの生活リズムを知ることで、今までの生活とどのように変わるのか、イメージしてみるとよいですね。
パパにできることは何か、考えてみるきっかけになると思います。

家の中を赤ちゃん仕様へ

タバコを吸っている方なら、タバコの置き場所や吸う場所をあらためて見直した方がいいかもしれません。
ペットがいる場合も、衛生面やペットの居場所、赤ちゃんとの接近などについて、気をつけた方がよいでしょう。
家具の配置、生活用品を置く場所など、子どもの事故につながらないように考えていく必要もありますね。

関連サイト

ママの初めてレッスン:育児編 初めて赤ちゃんがおうちにやってくる!(moony)
0~1ヶ月の赤ちゃんの様子(ママベビ 妊娠・出産・育児の総合情報サイト)

関連ページ

知りたい>子どもの健康・子どもの事故
子育てコンパス>子育て家庭全般・小さい子どものいる家庭の防災対策

 

産後クライシス

産後クライシスとは?

ikuji_noiroze出産直後から、ママのパパへの愛情が急速に下がる状態です。
交際期間の長さや、結婚期間の長さに関係なく、産後にパパを頼りなく感じてしまい、夫婦仲が悪化してしまうことがあるようです。
原因の一つとして、パパの育児や家事への協力が関係していると言われています。

男性側が「家事や育児は女性がするのが当然」と思っている場合は、ママの愛情が下がる傾向にあるそうです。
「パパからのねぎらいの言葉をかけてもらった」「パパの家事や育児への参加度が多くて助かっている」と感じるママたちは、産後クライシスになることはあまりないようです。

出産前後がカギ

akachan_father出産前は、ママも分娩という大変な作業の前で、気持ちも体もドキドキしています。
その気持ちにパパが寄り添ってくれると、ママもうれしいものです。
出産後は、ママと一緒に育児をすることで、ママの大変さや、”パパ”としての役割も、だんだんわかってくると思います。
里帰り出産で、ママや赤ちゃんと頻繁に会えない場合は、写真をこまめに送ってもらったり、電話で様子を聞いてみるといいですね。
ママと赤ちゃんが帰ってくる前に、部屋をきれいに片づけておくと、「気が利くな~」と好感度アップしますよ。

パパはどうしたらいいの?

何をどうやったらいいか分からない。cooking_papa
協力したくても、仕事が忙しくて、どう子育てをしていいいか分からない。
そんなこともあるかもしれません。
でも、ママが出来て、パパが出来ないものは何か?と逆に考えると、実は、授乳だけなんです。
もし、ミルクだけで育てているなら、ママもパパも、出来ることは一緒ですね。
まずは、そんな気持ちでいることが、大事なのかもしれません。

自分なりにやっているが、いつもダメ出しをされてしまうことも、よくある話です。
下記のサイトでは、パパならではの悩みや、戸惑い、不安を解消するヒントがあります。

関連サイト

つらい子育ての“見方”が変わる!? 最新科学が教えるヒント(NHK ONLINE)
産後クライシス(あかちゃんの部屋)
パパの悩み相談横丁
役立つ”パパ”講座(ハッピー・ノート ドットコム)
父親がもっと楽しくなる FQ JAPAN 男の育児online
ペンギンパパ・プロジェクト 産後うつのママをサポートしよう!(Fathering Japan & 日本助産師会)
「“おとう飯(はん)”始めよう」キャンペーン(内閣府男女共同参画局)

ページ先頭へ

イクメンの素(もと)

ikumen-motoママは、妊娠中や産後の時期、体の変化に戸惑ったり、精神が安定しないこともあります。
一番簡単でとても大切なサポートは、パパに悩みや話を聞いてもらうことではないでしょうか。
「何をどうすればいいのか分からない」

埼玉県では、そんな育児初心者の父親を応援するために、育児中の父親たちがプロジェクトチームを結成し、誰にでも取り組める育児のヒント集「イクメンの素(もと)」を作成しました。
イラストで楽しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。

詳細は、こちらから
イクメンの素(もと)

ページ先頭へ

仕事と家庭

育児休業制度を知ろう(育児・介護休業法)

papa-to育児休業は、ママだけでなく、パパも取得できます(ママの出産直後から取得可能)。
また、パパとママが育児休業を取得する場合、育児休業取得可能期間を延長することができます(子どもが1歳2か月に達するまで)。
妻が専業主婦の場合も、夫は育児休業を取得できます。
育児休業中は、育児休業給付や社会保険料の免除などの経済的支援があります。

育児・介護休業法の中には、その他に、子の看護休暇、育児のための所定外労働の免除、時間外労働の制限、深夜業の制限、育児短時間勤務などの取り決めがあります。

会社独自の制度(配偶者出産休暇制度など)がないか、調べてみるのもいいでしょう。

関連サイト

「父親のワーク・ライフ・バランス~応援します!仕事と子育て両立パパ」ハンドブック(厚生労働省ホームページ)
夫が考えるべき仕事と育児の両立とは?(WorMo’)
育児と仕事の両立アンケート結果(ベビータウン)

関連ページ

知りたい>子どもがいる家庭への支援・働くママ・パパ

ページ先頭へ

パパとでかける

father_burasagari「ママとじゃなくて、パパとでかけたい!」と子どもからのリクエストがあったら!?
どこにでかけますか?
市内のつどいの広場かな。公園かな。それとも足を延ばしてみようかな。
おでかけの時に、なにで移動して、どこでご飯食べて…と考えるだけでウキウキしてきますね。
ママに「おでかけの持ち物」「子どもの飲み物等」などを確認してね。
近くの公園でも水分は持って行きましょう!!水なら飲んだり、洗ったりと使えます。

関連サイト

子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」

関連ページ

行きたい>交流・遊び場
子育てコンパス>おでかけ時に持ち歩くと便利なグッズ

ページ先頭へ

思春期の関わり(パパと娘)

tsugaku_girlsパパが「子どものことは何でもやってあげたい!」「手を貸してあげるのがとても楽しい!」という気持ちで子育てに協力していると、子ども達も「パパが大好き!」「なんでも話したい」というお互いが楽しい関係になっていることでしょう。
数年経ち、子ども達が思春期を迎える頃、この関係に少しずつ変化が見られるようになります。
パパと遊ぶことが少しずつ減り、友達が優先されるようになったり、学校での出来事を話さなくなったりします。なんで!どうして!と、今までと違う子どもの反応に戸惑うお父さんもいるようです。

思春期を迎えた子どもたちは「自分」を持つようになります。自分で考え・行動するようになってくる時期なので、例えパパからのアドバイスが適切であったとしても、アドバイスされたことを不満に思うこともあるでしょう。
この時期の子どもは色々な事に気が付き始めて、自分の考えの元で行動したくなります。
パパは大きな気持ちで子どもの行動や様子を見守りましょう。

異性のパパとは違い、同性のママには娘も話しやすいものです。子どもの様子で気になることがあれば、ママを通して、聞いたり伝えるとスムーズにいくこともありますよ。

関連サイト

実は話したい心…思春期 パパは傾聴・共感(ヨミドクター・健やかキッズ)
NPO法人ファザーリング・ジャパン

ページ先頭へ

「ママ・パパ」一覧ページに戻る