子育てコンパス

  • 子育て家庭全般
  • プレママ プレパパ
  • ママ・パパ
  • 乳児
  • 幼児
  • 小学生
  • 中学生以上
  • 発達が気になる子
  • ひとり親家庭
  • じぃじ ばぁば
  • 外国籍家族
  • 転入・転出・転居

ひとり親で子育てをされる方

更新日:2018/08/07

ひとり親家庭への手当

18歳以下の子どものいる(障がいがあれば20歳まで)ひとり親家庭は

・児童扶養手当
・ひとり親家庭等医療費

を受ける事ができますので申請手続きを行いましょう。
また、児童扶養手当を受けているとそれに関わる優遇制度などがあります。以下の関連ページで確認してください。

関連ページ

知りたい>ひとり親家庭への支援
知りたい>ひとり親家庭・その他の支援
知りたい>ひとり親家庭 手続き先一覧

家庭の悩み

nayamu_girl自分だけで子どもを育てていかなければならなくなった時に、「子どもがいるだけがんばれる」「子どもと一緒なら大丈夫」と気丈にふるまっていても、ふと「寂しい」「孤独だ」と感じて思い悩んでしまうことがあるかもしれません。
同じ環境・悩みを持つ人とつながってみてはいかがでしょうか。
自分の環境のことを知っている友人・知人・家族やそれ以外の場所でもあるということは心強いものです。
自分や子どもにとって拠り所となる人や場所を見つけられるといいですね。

がんばってみよう

kusuguru_babyがんばりたくないけど、がんばらないといけない状況のときはありませんか。
誰かを頼りたくない。自分で解決したいときがあるかもしれません。
その時は、思いっきり頑張りましょう!親ががんばっている姿を通して、子どもにも感じるなにかがあることでしょう。自然と応援してくれることでしょう!
そして、がんばりどころが終わったらゆっくり休みましょう。休息も大切なことです。
忙しさのあまり、子どもに目を配る事ができていなかったら、一緒に過ごす時間を増やして甘えさせてあげるといいでしょう。

けど、がんばりすぎない

子どもは親が笑顔で過ごしてくれていることがうれしいです。
子どものためと頑張りすぎて、忙しくなり、子どもに手や目をかけることができないのでは、誰のためなのかがわからなくなってしまいますね。
肩の力を抜いて、少々ずぼらでもかまわないので、楽しく過ごせる日々のためにどうしたらよいかと考えてみてはいかがでしょうか。
ひとり親家庭では、経済的・精神的につらいと感じる事があるかもしれません。
毎日の生活や子育てなどで余裕がなくなってしまうと、子どもにもそのことが伝わり不安になることでしょう。
毎日走り続けては疲れがでてくるものです。
一人で頑張らず、家族や友人などの助けを借りましょう。相談機関や子どもの預かりや家事サービスなどを利用してもいいかもしれません。
子どもと楽しく笑顔で過ごせるような環境づくりができるといいですね。

関連サイト

講座・イベント一覧(シングルマザーのためのグループ相談会「おはなしカフェ」)

関連ページ

知りたい>子どものいる家庭への支援・一時預かり保育
知りたい>子どものいる家庭への支援・家事支援

ページ先頭へ

仕事を考えたときに

josi_shigoto_sagashi就職する場合に考えておきたい事はいろいろあります。

・自分の条件に合う仕事を考える
・ハローワークや求人情報を利用
・資格取得や研修を受けてみたい
・子どもの預け先の確保
・子どもの送迎ができなかったらどうしよう
・子どもが急に病気になったら

ほかにもあるかもしれません。自分で優先順位をつけて進めていきましょう。

資格や技能を取得するには

就職の前にスキルを身に付けたり、資格を取っておきたいと思うときもありますね。
子育て支援課が窓口の給付金や、財団法人、埼玉県で行っている就職支援の情報を見ることができます。
知りたい>子どものいる家庭への支援・働きたいママ・パパ・教育訓練・職業訓練・給付金など

子連れで仕事を探すママへ

仕事を探す場所として一番に浮かぶのはハローワーク(公共職業安定所)でしょう。子連れでは行きづらいと考える方は、ハローワークマザーズコーナーを利用してみませんか。キッズコーナーがあるので利用してみてはいかがでしょうか。
ハローワーク越谷マザーズコーナー(こしがや子育てクワイエ)
電話相談(女性キャリアセンター)

就職活動に当たって相談したい

心構え・不安や、履歴書・職務経歴書の作成・面接の受け方のアドバイスを受けたいときは「ジョブスポット草加」を利用してください。希望に合った求人の情報提供を行っています。
ジョブスポット草加

関連ページ

知りたい>子どものいる家庭への支援・働きたいママ・パパ
知りたい>認可保育所等 (認可保育園・小規模保育・認定こども園)・申込みから入園までの流れ
子育てコンパス>・子育て家庭全般・子どもを預けたい

ページ先頭へ

公的賃貸住宅

公的賃貸住宅とは、一定の条件に当てはまる家庭で居住を希望する方を対象に賃貸契約を結ぶことができる住宅のことです。市営・県営住宅のほかにUR賃貸住宅があてはまります。各住宅によって条件などが異なります。
また「保証人が見つからない」「一時的にまとまった費用を用意できない」ときに利用できる埼玉県あんしん賃貸住宅等登録制度もあります。

関連サイト

公的賃貸住宅とは(一般社団法人 全国住宅供給公社等連合会)
UR都市機構
埼玉県あんしん賃貸住宅等登録制度(埼玉県住まい安心支援ネットワーク)
あんしん賃貸支援事業 (厚生労働省)

関連ページ

知りたい>すべての家庭への支援・その他の支援
知りたい>ひとり親家庭への支援

ページ先頭へ

シェアハウス

シェアハウスとは一つの賃貸住宅を複数人で共有して暮らすことです。
生活を共有することで交流も生まれるので、同じ環境の家族とシェアして生活してみてもいいかもしれませんね。
草加市内には「シェアハウス」として入居者募集をしている物件もあります。

関連サイト

オシャレオモシロフドウサンメディア ひつじ不動産
シェアハウス 親子で入居…子育て、協力得られるメリット (ヨミドクター・健やかキッズ)

ページ先頭へ

自分が病気・ケガになったとき

事前に準備しておきましょう

kaze_woman毎日元気で過ごしていると、つい忘れがちなのが病気になった時のことです。

・ご飯を作れない・食べられない。
・すぐに食べられるものがない。
・着替えて洗濯物がたまってしまう。
・手伝いに来てくれる人がいない。
・自分が寝込んでしまうと子どもだけになってしまう。
・子どもの預け先に送迎できない。
・救急車で搬送される事になったが子どもを連れて行くことができない、もしくは同伴者がいない。
・子どもが保育園等や学校に行っている間に救急車で搬送されてしまうかもしれない。
・近くに頼る人がいない。つながり場所がわからない。

こんな用意をしておくとよいでしょう

・手軽に食べられるものを用意しておき、収納場所を教えておく。
・出前を届けてもらえるお店を調べておき、子どもが手配できるようにしておく。
・子どもの預かり先を確保しておく
・家事手伝いや子どもの送迎などを代行してくれるところを調べて準備しておく。
・子どもにトイレや電話を貸してくれる「こどもひなんじょ」を子どもと確認しておく。

子育て世帯で親戚などが身近にいない場合は、自分の地域にいる民生委員を把握しておくといいでしょう。
民生委員は地域の子どもたちが元気に安心して暮らせるように子どもたちを見守り、子育ての不安や妊娠中の心配ごとなどの相談・支援等を行っていますので、いざという時に頼りにしてください。
福祉課総務企画係または草加市社会福祉協議会(民生委員・児童委員の事務局)に連絡するとわかります。

関連サイト

民生委員とはなんですか
親不在時の危険 話し合う(ヨミドクター・健やかキッズ)

関連ページ

知りたい>子どものいる家庭への支援・家事支援
知りたい>子どものいる家庭への支援・一時預かり

ページ先頭へ

健康診断を受けよう

medical_naika_adult子どもには定期健診や予防接種を受けさせるのに、自分の体は後回しにしていませんか?
親が健康で元気に過ごせなければ、子どもを守ることはできません。
自分の体を大切に。
定期的に健康診断を受けましょう。

職場での集団検診がない場合、市でも各種ガン検診を行っていますので利用してください。

関連サイト

健診・検診
がん検診
健康診断を受けていますか?(赤ママWEB)
健診結果の見方・対策(ソニー生命)

ページ先頭へ

「ひとり親家庭」一覧ページに戻る