子育てコンパス

  • 子育て家庭全般
  • プレママ プレパパ
  • ママ・パパ
  • 乳児
  • 幼児
  • 小学生
  • 中学生以上
  • 発達が気になる子
  • ひとり親家庭
  • じぃじ ばぁば
  • 外国籍家族
  • 転入・転出・転居

子どもの健康

更新日:2019/11/13

かかりつけ医

shinsatu「かかりつけ医」とは、気軽に診療・健康相談や、病気の相談も受けられる地域の医療機関(医院)のことです。

健診や予防接種のできる病院は指定されていますが、その中から、かかりつけ医として通える小児科を選ぶのもいいでしょう。
子どもが病気になったとき・予防接種を受けるときなど、子どもの成長をふまえて診てくれる、かかりつけ医があれば安心です。

子どもの病気は、小児科の受診が基本です。
対象年齢は、おもに中学生までです。
症状によっては、専門の科に診てもらいたい場合もあるかもしれません。
その際も、小児科の先生に相談してください。

かかりつけ医を持ちましょう~医療機関への上手なかかり方

ぼっくるん関連ページ

知りたい>子どもの健康>草加市内の小児科、子どもの病気・事故>草加市内の小児科

ページ先頭へ

発熱

heinetu「さっきまで元気に遊んでいたのに、夕方になって急にぐったりしてきて、熱を測ってみたら38度もあった」ということが、ちょくちょくあるのが子どもです。
子どもは、自分の体の状態を言葉で伝えることが苦手です。
おかしいな?と思った時には、かなりの熱があったり、急に吐いたりということがあります。
子どもの平熱を知っておくといいですね。
熱は夕方から夜にかけて急に上がることもよくあるので、日中から微熱がある場合は、その日のうちの受診をオススメします

子どもの発熱Q&A(テルモ体温研究所)

ぼっくるん関連ページ

子どもの病気・ケガの時は

ページ先頭へ

食中毒予防

食中毒とは、有害な細菌やウイルス、化学物質等によって汚染された食品を摂取することで発生する、下痢やおう吐、発熱等の症状を指します。
一般的に飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しています。
家庭での食中毒を起こさないために、食中毒予防の「3つの原則」を徹底しましょう。

食中毒予防の3原則
食中毒菌をつけない、ふやさない、やっつける

食の安全・食中毒関連情報(食中毒予防の3原則)
食中毒(厚生労働省)

ページ先頭へ

虫歯予防

hamigaki生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌がありません。
虫歯菌は口うつしで食べ物を与えることなどによって、周りの人からうつるので注意しましょう。
また、「乳歯が虫歯になっても永久歯に生え変わるから大丈夫では?」という考えは大きな間違いです。「口の中に虫歯菌がいる」という事実は、永久歯が生えたとしても変わりません。

虫歯予防として、奥歯の溝を樹脂で埋める「シーラント」や、虫歯菌を歯に付きにくくする「フッ素コーティング」などがあります。かかりつけの歯科を探しておくといいですね。

子どもが1人で上手に磨けるようになるのは小学生になってから。
小学3年生くらいまでは仕上げ磨きが必要です。それ以降もちゃんと磨けているかの確認が大切です。

虫歯を予防するには(公益財団法人 母子衛生研究会)
こどもたちの口と歯の質問箱(公益財団法人  日本小児歯科学会)
歯のみがき方を探そう!(日本歯科医師会)

講話・ブラッシング指導

草加市で行っている、子どもの歯に関する事業です。
マタニティサロン
おやこでブラッシング
歯の健康フェア(6月4日~10日は「歯と口の健康週間」。草加市では、期間中に「歯の健康フェア」を毎年開催しています。乳幼児~中学生を対象にブラッシング指導・フッ素塗布を行っています。日程などの詳細は「広報そうか」で確認してください。)

歯科健診(集団健診)

草加市では、1歳7か月健康診査・3歳3か月健康診査・就学時健康診断で行います。
1歳7か月児健康診査(集団健診)
3歳3か月児健康診査(集団健診)

ぼっくるん関連ページ

知りたい>子どもの健康>検査・健康診査・健康診断>就学時健康診断
子育てコンパス>乳児・お世話のコツ・歯のお手入れ
子育てコンパス>幼児・お世話のコツ・歯の生え変わり

ページ先頭へ

アレルギー

乳児期に現れやすいアレルギー疾患に、「アトピー性皮膚炎」と「食物アレルギー」があります。kayui
長期間続く湿疹や、食後に起こる皮膚・呼吸器・消化器の症状から気づく保護者が多いと思います。
発症にはさまざまな原因があり、生活の中から、すべての原因を取り除くことはとても難しいことです。
アレルギーの原因を除去することも大切ですが、アレルギー症状が出たときに症状をコントロールしていくことも大切ですね。

初めての食材を食べさせるときは少量から始め、その後の様子を観察してください。何かあっても病院に行けるように、食べさせる時間帯は平日の日中がいいですね。

食物アレルギーは、病院を受診した際に症状がおさまっている場合があります。
先生に伝えやすいように、食事内容・食べた量・反応の度合い・出現までの時間などを記録しておくとよいでしょう。
その時の症状を写真に撮っておくのもいいですね。

アレルギーポータル
認定NPO法人(特定非営利活動法人)アレルギー支援ネットワーク 
明治の食育>知って!食物アレルギー(株式会社明治)

「子育て家庭全般」一覧ページに戻る