子育てコンパス

  • 子育て家庭全般
  • プレママ プレパパ
  • ママ・パパ
  • 乳児
  • 幼児
  • 小学生
  • 中学生以上
  • 発達が気になる子
  • ひとり親家庭
  • じぃじ ばぁば
  • 外国籍家族
  • 転入・転出・転居

幼児の成長・発育

更新日:2021/09/13

幼児の発達・発育の目安

seichouki幼児期は、体力や運動能力・社会性・創造性など、飛躍的に発達していきますが、そのペースには個人差があります。
「できる」「できない」と一喜一憂せずに成長を見守ってあげましょう。
母子健康手帳の「保護者の記録」では、子どものおおむねの発達の目安がのっています。
また、「身体発育曲線」では、乳児用・幼児用・18歳までの3種類があり、子どもの成長具合を確認するために、とても役立ちます。ちょっと知りたいことができたとき、まず、母子健康手帳に、その答えがないか調べてみてもいいと思います。
また、母子健康手帳の副読本には、赤ちゃんとの暮らし・栄養と歯の健康・心とからだの発達など、育児をするうえで役立つ情報が載っています。悩んだとき、困ったときは、参考にしてみるといいでしょう。
成長や発達・発育に不安や心配がある場合は、健診や子育て相談などで相談してください。

関連サイト

「赤ちゃん&子育てインフォ」母子健康手帳 副読本アプリ(公益財団法人 母子衛生研究会)
体の発達・こころの発達(子育てインフォ・こどもちゃれんじ)

関連ページ

知りたい>ママ・パパになるための準備母子健康手帳
りたい>子どもがいる家庭への支援発育・成長の支援
りたい>子どもがいる家庭への支援発達・療育の支援


◆ぼっくるん隊の関連ページ◆

パパが1歳7か月健診に行ってきました (R3.7.6)

ページ先頭へ

言葉を話し出す頃

ha-to「あー」と声をだしたら「なあに?」とママが向いてくれた。
子どもは自分が言った言葉に反応してもらえて、とっても嬉しく感じます。
そういった関わりで、少しずつコミュニケーション能力が育っていきます。

コミュニケーションを楽しもう

dakko_mama_boy親にとって子どもが言葉を話し始めることは待ち遠しいことです。
子どもは見るもの聞くものすべてをヒントにし、その意味を学んでいきます。
音を感じ取り、音の繋がりから単語を拾い出し、言葉と物の関係を学び、動作・表情から言葉の意味を理解していきます。
子どもは話始めたとき、周りの人が答えてくれることを楽しんでいます。周りの大人も大いにコミュニケーションを楽しみましょう。言い間違いの指摘や、要求の先回りをしてしまうと、言葉の習得には逆効果です。
まずは、子どもの話したいという気持ちを大切にして、足りない部分は優しく補いながら、会話を楽しみたいですね。

ゆっくり見守りましょう

なかなか言葉がでない子どもは、意見を伝えられずに玩具の奪い合いや順番待ちの割り込み、イライラして噛みついたりする場合があります。
言葉に関心のある時期なので、顔を見ながら絵本を読んであげたり、話しかける時もゆっくりとしたリズムやテンポで声をかけてあげたりするといいでしょう。「いないいないばぁ」「たかいたかい」など親子で一緒に遊ぶのもいいですね。少しずつコミュニケーションを学んでいきますので、成長を見守りましょう。

言葉の発達には個人差があります

言葉について相談する最初の場所としては、1歳7か月健診がオススメです。
また、保健センターや子育て支援センターでも相談を受付けています。

関連サイト

1歳7か月児健康診査(集団健診)
子どもの発達の相談
“毎日の生活”がことばを育む(赤ちゃん&子育てインフォHP)
年齢ごとの特徴を知って、対応しよう!(赤ちゃん&子育てインフォHP)

関連ページ

悩んだら

ページ先頭へ

イヤイヤ期

cry_boy cry_girl1歳半くらいになると、自我が芽生え自立への第一歩が始まります。
自分でやりたいけれどうまくできずに、かんしゃくを起こすこともあります。ひとりではできない事も多く、何かにつけてイヤイヤを言う子に毎日向き合うのは大変ですが、イヤイヤ期は、順調に成長していることの現れです。

ケガや事故に注意してやりたいことをサポートする、やりたくなった気持ちをほめる、別の遊びに誘ってみる…イヤイヤ期を乗り切るには子どもの発達段階や年齢に合わせた接し方がポイントです。
子どもへの対応方法を教えてくれる書籍もたくさんあります。
大人になって忘れてしまった子どもの時の気持ちを気づかせてくたり、生活ルールを教えてくれる絵本もあります。図書館を利用したり、絵本を紹介している本で「今、ぴったりの絵本」を見つけるのもおススメです。

関連サイト

イヤイヤ期を乗りきる! 年齢別 対応のヒント(赤ちゃん&子育てインフォHP)

オススメの本

草加市中央図書館の蔵書にあります。

*ふきげんな子どもの育て方 どうして、いつもイヤイヤなの?
 湯汲 英史/著
 出版 東京:岩崎書店  2020年04月

*ママも子どももイライラしない親子でできるアンガーマネジメント
イライラに振り回されない魔法のメソッド35
 小尻 美奈/著
 出版 翔泳社  2020年12月

*子どもも自分もラクになる「どならない練習」
 伊藤 徳馬/〔著〕
 出版 ディスカヴァー・トゥエンティワン  2020年11月

*年齢別!子育てママ&パパの頼れる絵本193
0~6歳まで役立つ
 遠藤 裕美/監修
 出版 ユーキャン学び出版  2020年05月

ページ先頭へ

指しゃぶり

赤ちゃんは、ママのお腹にいる時から、指しゃぶりをしています。
それは、生まれてすぐに、母乳を飲むための練習だと言われています。
手をうまく使えるようになると、口の中に自分の手や足、物を入れて、形や硬さ、大きさを認識するようになります。
つかまり立ち、伝い歩き、ひとり立ちや歩き始める頃など、成長・発達とともに、指しゃぶりは減る傾向にあるようです。
頻繁に吸い、指に「吸いダコ」ができていたり、3歳以降になっても習慣となってしまっていたら、歯並びや噛み合わせの心配もあるので、病院に相談してみた方がいいかもしれませんね。

関連サイト

こどもたちの口と歯の質問箱(公益財団法人  日本小児歯科学会)

ページ先頭へ

親子で体を動かそう

father_burasagari子どもにとっての運動は、楽しく体を動かす遊びを中心に行うことが大切です。
親子一緒に体を動かすことで、コミュニケーションが深まり、親子の絆が強くなるでしょう。
また、さまざまな動きを通して、体力や運動能力の向上だけではなく、社会性・創造性を育むことができると言われています。

関連サイト

幼児期運動指針普及用パンフレット(3歳~就学前)
アクティブチャイルドプログラム(公益財団法人 日本スポーツ協会)
子供の運動あそび応援サイト(スポーツ庁)

ページ先頭へ

「幼児」一覧ページに戻る