子育てコンパス

  • 子育て家庭全般
  • プレママ プレパパ
  • ママ・パパ
  • 乳児
  • 幼児
  • 小学生
  • 中学生以上
  • 発達が気になる子
  • ひとり親家庭
  • じぃじ ばぁば
  • 外国籍家族
  • 転入・転出・転居

小学校入学準備

更新日:2018/06/26

小学校公開行事

school_jugyousankan来年度、入学予定の子どもとその保護者、地域の方々を対象に、授業や行事を公開しています。学校を知ってもらうために実施しています。
公開行事には、授業公開、PTA主催のお祭り、運動会などがあります。
運動会では未就学児の出場できる競技があります。通学予定の小学校の様子をつかむのに利用してみてください。
授業公開をご覧になる場合は、上履きが必要です。

関連サイト

学校公開日

もうすぐ一年生

mousugu-1nen就学時健康診断のお知らせが来ると、そろそろ入学準備をはじめたいですね。
ランドセルや筆記用具など、学校生活で必要なものを揃えることはもちろんですが、子どもたちが小学校生活という新しい環境へスムーズに入ってくためには、入学前からの家庭での取り組みも大切です。
就学前に、家庭で取り組んでもらいたいことをまとめた「もうすぐ1年生」というリーフレットを子ども教育連携推進室が作成しました。
リーフレットでは、「生活する」「人とかかわる」「自ら学ぶ」の3つのことをバランスよく伸ばしていけるよう、その内容やポイントを具体的に示しています。

関連サイト

子育てリーフレットシリーズ「もうすぐ1年生」

ページ先頭へ

就学前の相談

soudan子どもが小学校に入学するにあたって、心配なことがある場合は相談してください。
例えば、言葉が遅い、発達に障がいがあるなどの相談を教育支援室で受付けています。

◆ぼっくるん隊の関連ページ◆
ぼっくるん隊が教育支援室を取材しました。
こそだてサポート>「学校に行きたくない!」子どもの悩みにどう対応する?

関連サイト

教育支援室が行う相談案内

ページ先頭へ

ランドセルの準備

nyugaku_syougakusei入学には欠かせないランドセル。子どもが年長さんになると「何色にしようかな」「いつ頃買ってもらおうかな」など考え始めているかもしれません。
親も「もう小学校入学!?」と子どもの成長は早いなと感じますね。どんなものを、誰が、いつ頃に購入しようか、迷っていませんか。

購入時期

school_randoseru7_brownschool_randoseru3_darkblue5月~6月頃
この頃の年長児は園から様々な企業のパンフレットを持ち帰ってくるようになります。オーダーメイドのものや、販売店で購入できるものなど様々なものをがあります。取り扱い店の店頭にも特設コーナーが作られるので、手にとってみることができますね。

6月~9月
今年度のモデルが出揃い、オーダーメイドも受付開始する時期です。お盆の帰省時期におじいちゃんおばあちゃんに買ってもらう人も多いためか、この時期に購入する家庭が多いですね。
最近では、刺繍やステッチが豪華なものや、色も多彩になり、素材もラメやツヤがあるものがでてきています。個性がでるものですが、目移りしすぎて肝心な機能面を忘れないようにしたいですね。

10月~1月
ランドセルは店頭にまだ並んでいますが、人気なモデルやカラーが売り切れ始める時期です。店頭では現品限りの値引きなども多くなってくる頃です。ネットでもアウトレット商品が並び始めます。

2~3月
販売合戦の最終局面、入学式直前のため、セールになる商品も。デザインや色などにこだわりがなく、安価で購入したいのであればこの時期に購入するのも手です。入学ギリギリに購入するのではなく、年長になる春に前倒しで購入する人もいます。

ランドセルの革の種類

名称 種類 重さ 価格
クラリーノ 人工皮革(合成繊維やウレタンなど)。 軽い 安め
牛革 牛の皮を使用。種類や部位により品質が違う。 やや重い 中間
コードバン 馬のお尻の皮を使用。天然皮革の中で高級品。 重い 高め

ランドセルの革も様々です。種類により重さが違うので「小柄や細めの子」「体が大きめな子」「活動的な子」「学校から距離があるお家の子」などによって選んでみるのもよいでしょう。
実際に手に持ち、背負うことで見た目の印象と変わることもあります。

選び方

randoseru_mizuiro最近のランドセルは男の子用で差し色に赤色を取り入れたものや、女の子用で水色を使用するのも当たり前になってきています。また、縁取りや刺繍、内装も豪華になってきていて、パパママ達が使用していたようなシンプルなデザインを探すほうが難しいくらいです。
選ぶにあたってたくさん意見はあると思いますが、6年間大切に使用してもらうには子どものお気に入りの1品にするのが大切です。色やデザインはあくまで使用する子どもに選ばせてあげたいですね。
企業により、様々なデザイン・価格帯がありますが、6年間使用するものなので「保証はあるか」「修理期間の代替品の貸出はあるか」なども選ぶポイントにしたいですね。
草加市内の小学校では、小学1年生の間は一般社団法人草加地区交通安全協会から支給される黄色いカバーをかけています。2年生からはカバーをはずすことができますが、市販のデザインビニールカバーを使い、傷から守ることもできます。

関連サイト

tsugaku_boyランドセルくらぶ(一般社団法人 日本鞄協会ランドセル工業会)
子供のためのランドセル選びガイド

◆ぼっくるん隊の関連ページ◆
ぼっくるん隊が市内・市外近郊のランドセル取り扱い店を取材しました。
オススメ>はじめてのランドセルどこで決めた?

ぼっくるん隊がランドセル製造販売店を取材しました。
じもとーく>ランドセルってどう選ぶ? ~草加でランドセルを買おう!~

ぼっくるん隊が入学準備について記事にしてくれました。
こそだてサポート>入学準備でてんやわんや!

ページ先頭へ

「幼児」一覧ページに戻る