子育てコンパス

  • 子育て家庭全般
  • プレママ プレパパ
  • ママ・パパ
  • 乳児
  • 幼児
  • 小学生
  • 中学生以上
  • 発達が気になる子
  • ひとり親家庭
  • じぃじ ばぁば
  • 外国籍家族
  • 転入・転出・転居

遊びに行こう

更新日:2018/05/01

親子の遊び場

草加市内には、乳幼児の親子が遊べる場所がたくさんあります。

asobiba-iroiro

asobi_omamagotoフリースペース

実施時間帯は、いつでも出入り自由のフリースペースがあります。
乳幼児の親子の交流・情報交換の場所です。
スタッフがいるので、子育てに関する相談もできます。

・つどいの広場
・「ピヨピヨ広場」(こどもわくわくタウン松原・住吉児童館、新栄・谷塚・氷川児童センターで実施 ※氷川での名称は「ピヨピヨ探検」)
・「ホッとひと息子育てサロン」(中央公民館、新田西文化センター)
・「すくすくクラブ」(新里文化センター、谷塚文化センター)

親子遊び

親子遊びなどを定期的に実施しています。事前に登録するもの、その日に行って参加できるものなど様々です。
内容は親子遊びや工作など、年齢や季節などに応じていろいろなパターンがあります。
先生やスタッフに、子育てに関する相談もできます。beby-car

・児童館・児童センター・こどもわくわくタウン松原の「よちよちクラブ」「幼児の広場」
・コミュニティセンターの「0.1.2歳クラブ」
・公立保育園の「なかよし広場」
・各公民館が子育て支援団体と共催している、乳幼児の親子向けの事業
・子育て支援団体が実施している遊び場
※地域子育て支援センター(あずま・きたうら両センターとも休止中です)

行きたい>交流・遊び場・乳幼児の親子
子育て応援隊

◆ぼっくるん隊の関連ページ◆
ぼっくるん隊が市内の遊び場やサークルを取材してきました。
行ってきました
子育てサポート

●● 子育て応援コラム ●●
個別療育・♪音楽療法♬ ハルモニア「おもちゃで遊べる場所~おもちゃ図書館ハルモニア~」

おもちゃの病院

おもちゃの修理を無料で依頼できます。部品代のみ実費がかかります。
1人2点まで持ち込むことができます。

・児童館・児童センター
・のび~すく旭町
・新田西文化センター
・川柳文化センター
・新里文化センター

イベントスケジュールで日程を確認することができます。

外遊び

・冒険あそび場
・公園

冒険松原あそび場(NPO法人冒険あそび場ネットワーク草加)
行きたい>公園・広場

外出時のオムツ替え

草加市内には「赤ちゃんスマイルすぽっと」、埼玉県全体では「赤ちゃんの駅」という名前で、周りに気兼ねなく子どもの授乳やおむつ替えができる場所を市の公共施設、保育園など子育て関連施設を中心に設けています。利用できる時間は施設によりさまざまです。無料です。
授乳・おむつ替えで気軽に立ち寄れる「赤ちゃんスマイルすぽっと」
赤ちゃんの駅

関連ページ

子育てコンパス>子育て家庭全般・外で楽しく過ごそう

ページ先頭へ

スポーツをしよう

スポーツ教室(公益財団法人草加市体育協会)

taisou_shitsunai_tetsubou春、秋、冬に短期間で実施してるスポーツ教室です。
記念体育館、市民体育館、市民温水プールなどの公共施設で行われています。
親子で参加できる体操教室、トランポリン教室、水泳教室(市民温水プールのみ)など様々な教室があります。

キッズクラブ(公益財団法人草加市体育協会)

hashiru_girl年間を通して、幼児・小学生向けに実施しているスポーツクラブです。
記念体育館、市民体育館、市民温水プールの3施設で行われています。
体育、器械体操、トランポリン、水泳(市民温水プールのみ)など様々な教室があります。
いずれも、各家庭に配付されている広報「そうか」で申し込みの日程を確認してください。

関連サイト

公益財団法人草加市体育協会

関連ページ

行きたい>スポーツ教室・スポーツクラブ>キッズクラブ(公益財団法人草加市体育協会)
行きたい>スポーツ教室・スポーツクラブ>スポーツ教室(公益財団法人草加市体育協会)

◆ぼっくるん隊の関連ページ◆
ぼっくるん隊が親子で参加できるボウリング教室を取材してきました。
行ってきました>親子でボウリング(祖父母も可)

ページ先頭へ

ペダルなし自転車と上手に付き合いましょう

jiko_pedal_nashi近年、幼児を対象にした、自転車に乗る前にバランス感覚を養うことができる「ペダルなし二輪遊具」が販売されています。
この商品はペダルがついておらず、地面を蹴って走行する遊具で、子どもの小さい体にフィットし、足で蹴るだけで進み、持ち運びが手軽なので使用している人も多いことでしょう。
ですが、ヘルメットを被らなかったり、公道を走行したり、急な坂道で使用すると重大な事故になることがあります。
大事なわが子を事故から守るために、取扱説明書でよく理解して、安全に使用していきましょうね。

関連サイト

ペダルなし二輪遊具による坂道の事故に注意(国民生活センター)

ページ先頭へ

子どもが自転車に乗る練習

bicycle_purple初めて自転車を買ってあげたときの嬉しそうな顔。
すぐに乗れるようになりたくて、一生懸命に練習をする姿。
親としては、成長を感じる瞬間ですよね。 補助輪とペダルを外して乗る練習を始めましょう。

ポイントが大きく3つあります

・押して歩いて、またがって、両足で歩く練習
・地面をけって、足を上げる練習
・ペダルを付けて、踏む練習

自転車に乗る練習をする前から交通ルールを教えてあげましょう。
乗れるようになってから、あらためて交通ルールを!と思っても、運転に気をとられて頭に入らない場合もあるようです。命に関わる交通ルールですので、きちんと保護者であるママ・パパが教えてあげましょう。

関連サイト

乗り方について
自転車乗り方教室講習(自転車博物館)
補助輪無し自転車に乗る練習(all about)

自転車 「ペダルなし」で練習(ヨミドクター・健やかキッズ)

広い場所で自転車を運転したい時は以下の場所もあります(レンタル自転車有)。
レンタル自転車(しらこばと公園・越谷市)
公園エリア>貸し自転車(県民健康福祉村・越谷市)

ページ先頭へ

子どもの自転車でよくある事故やトラブル

jiko_bicycle_car子どもが自転車に乗れてうれしいところですが、乗れるようになったとき、一番怖いのは事故やトラブルです。
上手に乗れるようになると、それなりのスピードも出て追いかけるのも大変ですし、子どもに何かあっても簡単には守りきれません。
自転車の乗り方だけではなく、交通ルールやマナーも併せて教えてあげられるといいですね。

・安全確認を怠り、一時停止をせずに飛び出し、車との接触
・道路や駐車場で、他人の車にキズをつけてしまう
・坂道でブレーキをかけずに下り、人と接触

関連リンク先のリーフレットを参考に、マナーやルールについて子どもと一緒に考えてみてはどうでしょうか。
なお、草加市では小学3年生(または4年生)を対象に、小学校で自転車教室を行っています。
この教室では交通ルールの講話だけでなく、自転車の点検方法や正しい乗り方についての実技も行っています。

自転車保険の加入義務

埼玉県では2018年4月1日より、自転車保険への加入が義務となりました。

「入って安心!RinRin(りんりん)そうか」
そこで草加市では、草加市交通災害共済の趣旨を継承しつつ、市と保険会社(AIG損害保険株式会社)が共同して創設した、個人賠償責任の補償や交通事故のケガを補償する保険制度「入って安心!RinRin(りんりん)そうか」をご案内しています。
自転車事故での賠償はもちろん、日常生活中に本人や家族が他人にケガをさせた場合や、他人の物に損害を与えた場合の賠償責任にも対応しています。
加入希望者は市内公共施設(公民館、文化センター、サービスセンター等)で配布しているパンフレットを入手し、郵便振替もしくは取り扱い代理店で加入してください。

関連サイト

ルール・マナー
小学生のための自転車安全教室~たのしくまなぶルールやマナー~(一般社団法人日本損害保険協会)
自転車、危険な場所を確認(ヨミドクター・健やかキッズ)
自転車利用のマナーアップ(エシカル・サイクル)
自転車交通安全教育用リーフレット(警視庁)

損害保険
「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」が改正されました ~自転車損害保険加入義務化等~
個人賠償責任補償付傷害総合保険(交通事故補償型)「入って安心!RinRin(りんりん)そうか」 

ページ先頭へ

「幼児」一覧ページに戻る