子どもの事故

更新日:2018/02/06

初めての慣れない子育てや、大人の目線で考えた家具・生活用品の配置などが原因で、子どもの事故を招いてしまうことがあります。
1~14歳の子どもの死因の第1位は、「不慮の事故」だと言われています。
思いもよらないことや、ちょっとした不注意が子どもの事故につながります。
子どもの事故にはどんなものがあるのか、どのように注意したらよいのかを知り、子どもが生まれる前に準備をしたり、年齢に応じた対策を立てたりして、事故を予防しましょう。

おもな子どもの事故

種類 説明 原因となる物や場所(例)
窒息 鼻や口がふさがれた状態や、のどがつまったり、首が締め付けられたりしたことが原因で、気道が塞がったり、酸素が欠乏して呼吸ができないこと ふかふかの寝具やクッションなどで鼻や口がふさがれる
口に入る大きさのおもちゃや飴などを飲み込んでのどがつまる
車のシートベルトで遊んでいて、首に巻きつく
溺水(できすい) おぼれて窒息すること 浴槽、プール、川、池など
誤飲・誤嚥(ごえん) 食べ物や飲み物以外のものを間違って飲み込んでしまうこと タバコ、薬品、化粧品、お酒、電池、おもちゃなど
熱傷(やけど) 皮膚にお湯などのあついものがついておこる傷害のこと やかんやポットのお湯をひっくり返す
アイロンやストーブ・炊飯器や加湿器の蒸気に触れる
転落 段差があるところから落ちてしまうこと 階段、ベッド、椅子、ベランダ、窓など
外傷(けが) 指はさみ・打撲・切り傷など ドアの開閉時に指をはさむ
家具の角に頭を打撲
歯ブラシをしながら転倒
転んで前歯を打撲
カミソリに触る

子どもの救急

けがなどの応急処置

 参考サイト 
子どもの事後防止の大切さを理解し、事故防止のための行動ができるように、下記のサイトでは、事故別の応急手当の仕方、年齢別によくある事故について紹介していますので、参考にしてください。
一般社団法人 日本小児看護学会 健やか健康21子どもの事故防止ノート
消費者庁 子どもを事故から守る!プロジェクト
子どもの事故防止支援サイト 子どもに安全をプレゼント

◆ぼっくるん隊の関連ページ◆
子どものケガや事故など、ぼっくるん隊の体験談を紹介しています。
ぼっくるん隊>こそだてサポート>子育ては目が離せない!! ~ぼっくるん隊ヒヤリ・ハット体験~
(H29.4.24)

 

入って安心!RinRin(りんりん)そうか

埼玉県では、2018年4月から自転車損害保険への加入が義務となりました。

「入って安心!RinRin(りんりん)そうか」は、草加市と保険会社(AIG損害保険株式会社)が共同して創設した、個人賠償責任の補償や交通事故のケガを補償する保険制度です。
自転車事故での賠償はもちろん、日常生活中に本人や家族が他人にケガをさせた場合や、他人の物に損害を与えた場合の賠償責任にも対応しています。

加入対象者

草加市に在住・在勤及び在学者

補償の概要

1.個人賠償責任補償 1億円限度
注:本人用プランのみセットされ、本人と配偶者に加えて、同居の親族なども補償対象
 
2.交通事故でのケガの補償
 ・死亡保険金
 ・後遺障害保険金
 ・入院保険金
 ・手術保険金 

保険料

本人用プラン:2000円 家族用プラン:1000円(家族1名につき)

保険期間

1年間(4月1日正午~翌年4月1日午後4時)
※申込日によって、補償開始日及び保険金額が変更となります

個人賠償責任補償付傷害総合保険(交通事故補償型)
「入って安心!RinRin(りんりん)そうか」 加入受付中

「しりたい」一覧ページに戻る

 ママ・パパになるための準備     子どものいる家庭への支援     子どもの健康          保育所等

 プレ幼稚園・幼稚園                 学校               子ども・子育てに関する手続き先一覧

ママ・パパになるための準備

子どものいる家庭への支援

子どもの健康

保育所等

プレ幼稚園・幼稚園

学校

子ども・子育てに関する手続き先一覧

子育てコンパス

知りたいページ一覧に戻る