発達・療育の支援

更新日:2017/11/21

発達とは

ここでの発達とは、赤ちゃんが成長とともに大人に近づいていくときに見られる心身の変化を言います。例えば、生まれたばかりの赤ちゃんは歩くことができませんが、成長するにつれて一人で歩くようになり、一人で階段をのぼるようになり、ジャンプやスキップをするようになります。自分でできることが増え、他人と関わりながらルールを覚え、だんだんと大人に近づいていきます。
子どもの発達には個人差がありますが、この年齢だと、このぐらいのことができるようになる、という目安があります。
母子健康手帳には、生後1か月~5歳までのそれぞれの健康診査のページに「保護者の記録」として、その時期の子どものできるようになることが質問形式で記載されていますので参考にしてください。

 

早期発見と適切な対応が重要

気になることはありますか

「抱っこしづらい」 「ひとり歩きが遅い」 「視線が合いにくい」 「言葉が遅い」 「会話がかみ合わない」 「落ち着きがない」 「お友達と遊べない」 など、気になることや心配なことはありませんか?
発達になんらかの遅れや障がいがある場合には、早期発見とその対応が必要になります。運動機能やことばの発達、情緒面などで気になることがある場合には、相談してください。

下記のリンク先のページで、気になる行動や反応について紹介しています。
気づく~気になる行動はありませんか~(発達障害ってなんだろう? 政府広報オンライン)

 

どこで相談できるの?

どこに相談したらよいか迷う場合は、草加市子育て支援センターへ相談してください。

*草加市保健センター(乳幼児対象)

乳幼児健康診査
健診では、子どもの発達状態などを確認することができますので、必ず受けるようにしてください。また、心配がある場合は、健診時に相談してください。
乳児健康診査は、指定医療機関で実施しています。
幼児健康診査(1歳7か月健診・3歳3か月健診)については、保健センターで実施しています。

子どもの発達の相談

草加市子育て支援センター(18歳未満の子ども対象)

教育支援室(就学予定の子どもと小学生以上対象)

越谷児童相談所草加支所(18歳未満の子ども)

*埼玉県草加保健所(中学生ぐらいまで)

子どもの心の健康相談

 獨協大学地域と子どもリーガルサービスセンター(20歳まで)

専門家による面談相談

 *埼玉県立草加かがやき特別支援学校(幼児以上対象)

教育相談、発達相談など(リーフレット:PDF)

 相談支援センター そうか光生園

相談後はどうなるの?

どこで相談をしても、適切な窓口へつながるように連携しています(相談者の同意の上、必要に応じて連携していきます)。継続的な支援を受けなければならない場合が出てくることもあります。その場合は、子どもにとって、今、何が必要かを一緒に考え、保護者の方の同意のもとに支援などを進めていきます。悩まずに気軽に相談してください。
草加市子育て支援センターの発達相談と支援については、下記のリンク先から確認してください。

草加市子育て支援センターの発達相談から専門支援への流れ

 ページ先頭へ

埼玉県の事業

発達障がいについて、埼玉県ホームページで詳しく案内しています。また、発達障がいの診療が可能な埼玉県内の医療機関も紹介しています。

発達障害に対する支援について

 

身体障害者手帳・療育手帳などの申請

障がい児(者)に対する援護を受けるために必要な手帳です。
障害者手帳の交付を希望する場合や障害者手帳について詳しく知りたい場合は、まず子育て支援課に相談してください。

障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳

 

福祉サービスの利用相談・専門スタッフの保育所等訪問

(市立)草加市児童発達支援センター支所 ※草加市在住の方のみ利用できます

◆相談支援事業
さまざまな福祉サービスの利用について相談できます。
福祉サービス:児童発達支援・放課後等デイサービス、ヘルパー、短期入所など
また、福祉サービスの利用に必要な「障がい児支援計画」や「サービス等利用計画」の作成をします。

対象者 *発達面での心配があったり、障害者手帳をお持ちの18歳未満の子どもとその家族
*サービス提供事業者
計画を作成する場合に
必要なもの
*草加市子育て支援課発行の「予約票」
*印鑑(朱肉を使用するもの)
パンフレット 相談支援事業のご案内

◆保育所等訪問支援事業
楽しく集団生活を送れるよう、専門のスタッフが保育所や幼稚園等を訪問し、支援を行います。

対象者 保育所、幼稚園等に通う発達が気になる子ども
必要なもの 通所受給者証
パンフレット 保育所等訪問支援事業のご案内

問い合わせ
草加市児童発達支援センター支所(草加市子育て支援センター2階)
月~金曜日 午前8時30分~午後5時(祝日・年末年始を除く)
電話:048-941-6795
FAX:048-941-6796

 

民間の相談支援を行っている施設

埼玉県のホームページで案内している情報指定施設・事業所一覧のうち、草加市内の情報を紹介しています。
他市でも、相談支援のできる施設があります。「指定施設・事業所一覧」ページ内の「特定相談・障害児相談支援(Excelデータ)」から確認してください。
詳細については、各施設へ問い合わせてください。
のマークは、子育て応援隊です。

施設名 所在地 電話番号 リーフレット
(福)埼玉県社会福祉事業団
相談支援センターそうか光生園
専門スタッフが保育所・幼稚園を巡回し、保育士等に対して、発達障がいが疑われる子どもの対応について助言や支援を行っています(埼玉県子どもの発達支援巡回事業)。
柿木町1215-1 048-932-4111  
NPO法人believe
Kanon
柳島町610-14 070-5459-092  
NPO法人正讃会
相談支援かみひこうき
子育て応援隊ページ
稲荷4-20-15 048-954-7552 PDF

ページ先頭へ

療育の支援(通所支援)について

療育(児童発達支援・放課後等デイサービス)について、療育施設についての詳細は、こちら

 

聴能訓練

就学前の難聴および難聴に伴う言語発達に遅れのある子どもを対象に聴能訓練を実施しています。
聴覚を活用しながら言語発達・コミュニケーション能力を高める支援や生活援助を行います。

在宅聴覚障害児の聴能訓練(埼玉県立そうか光生園ホームページ)

 

通級指導教室・特別支援学級・特別支援学校

通級指導教室

通常学級に在籍している、ことば・聞こえに障がいのある児童や生徒のために、言語面や情緒面のそれぞれの課題の改善のための教育を行います。(小学校・中学校)

聞こえ等の障がいや情緒に課題のある児童生徒のための通級指導教室

 

特別支援学級

特別支援学級とは、教育上特別な支援を必要とする児童や生徒のために置かれた学級のことです。障がいの種別ごとの少人数学級で、障がいのある子ども一人一人に応じた教育を行います。(小学校・中学校)
対象児童:知的障がい、肢体不自由、病弱・身体虚弱、弱視、難聴、言語障がい、情緒障がいの児童
草加市内には、特別支援学級を設置している小学校が21校37学級、中学校が11校21学級あります。

特別支援教育

 

特別支援学校

特別支援学校とは、障がいの程度が比較的重い子どもを対象として、専門性の高い教育を行う学校です。幼稚園から高等学校に相当する年齢段階の教育を、特別支援学校のそれぞれ幼稚部・小学部・中学部・高等部で行います。
対象児童:視覚障がい、聴覚障がい、知的障がい、肢体不自由、病弱・身体虚弱の児童
草加市内には、埼玉県立草加かがやき特別支援学校(小・中・高)があります。

埼玉県立草加かがやき特別支援学校ホームページ

 

埼玉県のホームページでは、県内の公立特別支援学校を紹介しています。
学校名をクリックすると、学校のホームページを見ることができます。
公立特別支援学校のホームページ

 ページ先頭へ

障がい児を対象にしたスポーツ施設など

障がい者スポーツ

公益財団法人草加市体育協会では、市内在住・在学・在勤の障がい児(者)を対象に、バドミントン・卓球・トランポリンなどのスポーツ体験、水泳、レクリェーションなどを行っています。
実施場所:草加市市民体育館、市民温水プール

障がい者スポーツ(公益財団法人草加市体育協会)

 

埼玉県障害者交流センター

障がいのある人と地域の人が「交流」することを目的に設立されました。
各種相談や研修、文化・芸術・スポーツの振興を図るための事業を展開し、障がい者の社会活動の拠点施設として利用されています。

屋内施設
<1階>

多目的ホール、和室(3部屋)、調理研修室、音楽室、ラウンジ、喫茶ラウンジ、体育館、屋内プール(25m6コース)、トレーニング室、医務室など

<2階>

会議室(3部屋)、研修室(4部屋)、工芸室(2部屋)、図書資料室、おもちゃ図書館、福祉機器展示ホール、作品展示コーナーなど

◇おもちゃ図書館
県内おもちゃ図書館の情報提供。障がい児療育用をはじめ、各種おもちゃ整備。 対象は障がいのある子ども(原則として小学生以下)とその介護者です。なお、障がいのある子どもの利用を妨げない範囲で、障がいのない子どもとその保護者も利用できます。

屋外施設

テニス場(3面)、ソフトボール場、運動場(200mトラック)、ゲートボール場、アーチェリー場(射程50m)、散策路、駐車場など

埼玉県障害者交流センター

ページ先頭へ

親の会・サロンなど

 のマークは、子育て応援隊です。

にじいろくれよん☆キッズ

親子のサロンです。
対象:身体障害者手帳の交付を受けている子どもと保護者もしくはそれに準ずる方
日時:年に数回 午前10時~正午まで(日程は問い合わせてください)
場所:草加市子育て支援センター2階(子育てマップ
問合せ:草加市子育て支援センター 担当ケースワーカー
電話:048-941-6791
FAX:048-941-6828

◆ぼっくるん隊の関連ページ◆
ぼっくるん隊が取材してきました。
ぼっくるん隊>こそだてサポート>『子育てサロン にじいろくれよん☆キッズ』(H27.4.8)

 

草加光陽育成会

心身障がい児・者の保護者の会です。
草加市内在住の心身障がい児・者及び家族の生活の改善や福祉の向上を図ることを目的とし、啓発、相談、助言、生活支援、会員相互の親睦、交流、研修などの事業を行っています。
草加光陽育成会ホームページ

 

TOKO どの子も地域の学校へ!公立高校へ!東部地区懇談会(草加支部)

障害のある子もない子も共に育ち合うための情報提供と交流の広場です。
活動内容:
*毎月第2金曜日 おしゃべり会(子育ての相談、情報交換)
*年1回 野外おしゃべり会
*相談会(就学)
*勉強会
活動場所:生活ホーム「オエヴィス」(越谷市恩間新田232-3)

「TOKO どの子も地域の学校へ!公立高校へ!東部地区懇談会(草加支部)」
の詳細は、こちら(子育て応援隊ページ)

 

ミックスサラダ

発達にかたよりのある子どもと保護者の方をサポートしたり、情報提供したり、勉強会を行っています。
*活動日 2か月に1回程度
*活動場所 草加市内各所の公共施設

「ミックスサラダ」 の詳細は、こちら(子育て応援隊ページ)

 

みんなとママのわ

子育ての悩みや不安を話し合い、思いを共有していく保護者の交流の場(ピアサポートミーティング)や、勉強会(プチセミナー)を開催しています。
子連れで参加できます。
*活動日 月1~2回程度
*活動場所 草加市内の施設

「みんなとママのわ」 の詳細は、こちら(子育て応援隊ページ)

◆ぼっくるん隊の関連ページ◆
ぼっくるん隊が取材してきました。
ぼっくるん隊>子育てサポート>「みんなとママのわ」に参加して悩みを打ち明けてみよう(H28.11.25)

 

親の会「ひまわり」

子どもの発達の悩みを話したり療育や就園、就学などの情報交換をしています。
*活動日 月1回 第2水曜日 午前10時~正午
*活動場所 草加市文化会館(子育てマップ

親の会「ひまわり」の詳細は、こちら(子育て応援隊ページ)

 

埼玉県重症心身障害児(者)を守る会

身体・知的の両方に重い障がいをあわせ持つ子どもの親たちの会です。
「埼玉県重症心身障害児(者)を守る会」の詳細は、こちら(子育て応援隊ページ)

 

埼玉県自閉症協会

自閉症スペクトラム(自閉症・高機能自閉症・アスペルガー症候群等)の子どもを持つ家族と支援者の会です。
埼玉県自閉症協会ホームページ

 

埼玉親の会「麦」(日本発達障害ネットワーク)

埼玉県内のLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、アスペルガー等の知的に遅れのない発達障害の子どもを持つ保護者で構成されています。(NPO法人全国LD親の会所属)
埼玉親の会「麦」ホームページ

 

埼玉県発達障害総合支援センター

発達障がいの支援ができる人材の育成や、親への支援、地域の支援機関への助言、県民の方からの相談に応じています。
発達が気になる子どもの子育ての仕方を学ぶ講座や、発達障がいの子どもを育てた経験のある親による交流・相談会を実施しています(不定期)。
埼玉県発達障害総合支援センター(埼玉県ホームページ)

 ページ先頭へ

おたすけQ&A

Q1:発達の遅れや障がいのある子どもがいるので、保育園の入園などの相談をしたいのですが、どこで相談できますか。

A1:発達の遅れや障がいのある18歳未満の子どもの相談については子育て支援センターのケースワーカーに相談してください。なお、保育園入園の担当課は保育課になりますので、適宜案内します。

Q2:子育て支援センター内の発達支援センターと児童デイサービスセンターは、どんなところですか。

A2:発達支援センターでは、発達に心配または心身に障がいのある子どもの早期発見及び早期療育を総合的に行うため、センター内にある診療所の機能を活用し、継続的支援を行っています。利用については、完全予約制なので、ケースワーカーに相談の上予約してください。発育や発達の状況に応じて、医師の診察のもと理学、作業、言語の個別療育を行います。
児童デイサービスセンターでは、児童福祉法に基づくサービスの1つである児童発達支援及び放課後等デイサービスを行います。児童デイサービスセンターでは子どもたちの少人数のグループを作り、日常生活動作やコミュニケーション能力向上を目的とした集団療育を行います。

Q3:子育て支援センターで行っている理学療法、作業療法や言語聴覚療法とはどのようなものですか。

A3:作業療法は、遊びを通して、体の使い方・手の使い方等の発達に関する個別療育を行います。また、食事のとり方の相談にも応じます。理学療法は、寝返りやおすわり、歩行など基本の体づくりを中心に姿勢・運動発達に関する個別療育を行います。
言語聴覚療法は、ことばやジェスチャーで人とやりとりする力の向上や、発音やどもりの改善を中心とした個別療育を行います。

Q4:あおば学園に入園利用を検討していますが、見学することはできますか。

A4:見学できます。事前の予約が必要です。子育て支援センターのケースワーカーに相談してください。

Q5:あおば学園の一日の流れを教えてください。

A5:午前8時35分~ バス送迎
午前10時~ 登園・健康視診・荷物整理・朝の会・クラス別療育(10分程度)
午前10時30分~ リズム・感触遊び・マット等を利用した運動遊び・課題遊び・一対一遊び
午前11時30分~ 昼食・排泄
午前0時30分~ 休養・お昼寝
午後2時~ おやつ
午後2時25分~ 帰りの会
午後3時~ バス送迎
注1:季節によって内容が変わります。
注2:定期的に誕生会や保育園の交流を行っています。
注3:運動会やバス遠足等年間行事もたくさんあります。

Q6:就学を予定している子どもが、ことばの発音を間違えて覚えていて心配です。どこで相談できますか。

A6:就学予定児のことばの相談については、教育支援室で月曜日・火曜日に、ことばの相談指導員が個別に相談支援を行っていますので、事前に予約してください。その際、相談支援は月1回程度になります。就学後のことばの相談については、まずは各学校で相談ください。子どもの様子により、ことばの通級指導教室(氷川小学校・八幡北小学校・松原小学校)の担当が、支援や指導などについて相談しています。

Q7:来年度小学校へ就学予定の子どもの発達に障がいがあります。学校への就学はどうなりますか。

A7:発達に障がいがあると思われる子どもの就学相談は、教育支援室で個別に相談を受け付けていますので、教育支援室へ直接連絡してください。
障がいがあると思われる就学予定児、児童生徒の就学する学校の決定等は、障害児就学支援委員会の判断をもとに、保護者の希望や要望、子どもにとって最もふさわしい教育を行うという視点に立ち、相談を行っています。
また、教育支援室では、発達に障がいがあると思われる就学予定児を対象に、月1回程度(火曜日・水曜日・金曜日のいずれか)特別支援相談員が個別の支援相談等を行っています。
関連ページ:障がいのある就学予定児と児童生徒の就学を支援

Q8:障害者手帳の交付を受けるとどのようなメリットがありますか。

A8:日常生活を支援するサービスが利用できます。ただし、障がいの種類や等級によって、利用できるサービスの内容は異なります。
主なサービスとしては、車いす、補聴器など身体の機能を補う補装具に関すること、税金の控除に関すること、鉄道やバスといった公共交通機関の運賃の割引に関すること、有料道路の通行料の割引に関することなどがあります。身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のそれぞれに、主に利用できるサービスの概要と問合せ先をまとめた「援護の案内」を用意していますので、子育て支援課(電話:048-922-1483)へ問い合わせてください。

Q9:障害者手帳を交付してほしいのですが、対象と手続きの方法を教えてください。

A9:障害者手帳は、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の3種類あります。このうち、身体障害者手帳は、手足、視覚、聴覚・平衡、音声言語・そしゃく、心臓、・じん臓、呼吸器、肝臓、ぼうこう・直腸、小腸、免疫機能障がいを対象とします。療育手帳は、知的障がいのある方を対象とします。精神障害者保健福祉手帳は、そううつ病や統合失調症などを対象とします。いずれも、障がいの程度に関する基準があります。
現在の心身の状態が、どの障害者手帳を取得できる状態であるかを、主治医に相談してください。
どの医療機関に作成を依頼すればよいのかなど、障害者手帳を取得するために必要な手続きについては、子育て支援課(電話:048-922-1483)に必ず相談してください。

Q10:障がい者が利用できる施設はありますか。見学はできますか。

A10:障がいのある方の状態や程度によって利用できる施設が異なります。
子育て支援課(電話:048-922-1483)へ相談してください。

「しりたい」一覧ページに戻る

 ママ・パパになるための準備     子どものいる家庭への支援     子どもの健康          保育所等

 プレ幼稚園・幼稚園                 学校               子ども・子育てに関する手続き先一覧

ママ・パパになるための準備

子どものいる家庭への支援

子どもの健康

保育所等

プレ幼稚園・幼稚園

学校

子ども・子育てに関する手続き先一覧

知りたいページ一覧に戻る